脇の黒ずみの原因①

脇の黒ずみについてですが、女性にとってはせっかく腋毛の処理を施していても、脇が黒ずんでいればあまり見栄えがよくないことはいうまでもありません。

ちなみに、男性においても脇の黒ずみといったトラブルの症状はあるのかもしれませんが、男性の場合除毛処理をしていないという方がほとんどなので、さほど目立たないのかもしれません。

脇の黒ずみの原因とは

ところで脇の黒ずみの主な原因ですが、一般的には、メラニン色素の沈着や古い角質や皮脂の詰まりによる汚れなどが原因として挙げられます。

やはり、何事においてもそうなのですが、物事の全てにおいて因果律という法則が存在します。

要するに、原因があるからこそ結果が存在するという法則です。

また、結果が存在する前提には、必ず原因が存在するということもいえます。

従って、脇の黒ずみについても何らかの対策を講じる前に、その原因を突き止めることから始めないと、しかるべき対策も行えないと思うのです。

そこで、上述したようなメラニン色素の沈着や古い角質や皮脂の詰まりによる汚れなどの原因についてですが、まずは皮膚科の医師に診察をしてもらうというのも最適な方法の一つといえます。

やはり、人それぞれにおいて体質というのも様々です。

そうしたことからも、皮膚科の医師に診断をしてもらい、人それぞれに応じた原因というものを調べることで、処置の方法にも多少の違いが出てくるのかもしれません。

脇の黒ずみの原因メラニン色素とは

ところで、どうしてメラニン色素が沈着するのかという原因については、一般的にいわれているのが、女性に多い無駄毛の自己処理による敏感な皮膚への刺激が繰り返されることなのだそうです。

やはり、女性用のシェーバーやカミソリなどで無駄毛を処理することによる皮膚への刺激に対して、敏感な皮膚の角質を厚くすることで、そうした刺激から皮膚を守ろうとしているのです。

従って、人間に本来備わっている自然治癒能力や自己防衛本能のようなものに例えることができます。

もちろん皮膚の角質が厚くなったり、硬くなったりする症状というのは、脇の下だけでなく、デスクワークの方であればお尻の部分、その他にも足の裏などにも同様の症状が顕著に表れてきます。

それから、下着の圧迫による脇への刺激や衣服の擦れなどの摩擦もメラニン色素を沈着させてしまう原因となっているようです。

これについては、防ぎようのない致し方がないものといえばそれまでなのですが、どうしても気になるという方は、なるべく柔らかい衣服を身に着けるように心がけることも大切なのかもしれません。

それから、無駄毛の自己処理についても、近年ではエステサロンで無駄毛を処理したり、さらには永久脱毛などの処置もしてくれるので、そうした専門的なお店を利用するのも良い方法だと思います。